久保田チェンバロ BASIC RUCKERS

販売価格(税別): 980,000円
品番: BASIC RUCKERS
納入据付料別途

久保田チェンバロ工房

ヨーロッパで華麗な文化が花開いた時代の記憶を、後世まで大切に伝えてゆくために、今も各国で研究や試行錯誤が続けられています。チェンバロ工房の数は、世界中を探してもそんなに多くはありません。しかし、その中のいくつかは私たちの住む日本にあります。久保田チェンバロ工房は、日本有数のチェンバロ工房です。

 

ルッカースLOGO

BASIC RUCKERS

価格:¥980,000(税別)

外寸:183×78㎝

重量:40kg

音域:HH~d3 52音

弦列:8ft×1列(2列オプション)

ピッチ:415hz⇔440hz シフト可

※外装はオーダー色にて塗装 内装は木地クリアー塗装(装飾オプション各種応談)

 

ルッカース2

17世紀のチェンバロ製造は、イタリアに代わってフランドル地方が主導権を握っていた。商業都市アントワープのルッカース一族はチェンバロ史上最も重要な製造工房をして全ヨーロッパにその名を轟かせ1世紀余りの活動期に製造されたチェンバロは3,000台に及ぶとも言われている。

 

ルッカース

ルッカース工房の楽器の特徴は、先行するイタリア式の製造工法とは全く異なる枠組み工法を採用した点にある。この合理的な構造と、サイズや部材の規格統一化を進めて分業システムを確立し、極めて高品質で均一な数種類のチェンバロの量産化に成功した。

 

ルッカース弦

BASICモデルに選んだのは最盛期のルッカース一段鍵盤モデルで小型チェンバロの最も基本的なスタイルを確立した名器と言われる。現代の音楽事情に考慮し音域はオリジナルの4オクターブに低高音各1音を追加し、弦列は扱いにくい4ftを省略して8ft×1列(または2列)に限定した。

 

ルッカース鍵盤

1990年の試作以来、常に改善を続けてきた普及タイプのチェンバロ・エントリーモデルは、高価で扱いにくいというチェンバロのイメージを一新しバロック音楽愛好家の豊かな音楽生活を支えている。

 

ご試奏をご希望の際は、ご予約を承ります。

チェンバロについて詳しくは、コチラから↓

http://www.kubota-cembalo.com/aboutcembalo/doyouknow01.html

 

3台チェンバロ